クレジットカードの審査基準について

ご存知、クレジットカードを取得するには審査が必須です。

審査の無いクレジットカードは日本には存在しません。

そして日本ではクレジットカードの審査に通らないとクレジットカードを取得することが出来ません。

クレジットカードは世の中に数えきれない程沢山ありますが、それぞれのカードは審査基準が異なります。

審査基準が甘いカードもあれば、審査基準が厳しいカードもあります。

スポンサードリンク



一般的に庶民的なクレジットカード、低収入向けのクレジットカード、低属性向けのクレジットカードは審査基準が甘いとされております。

一方でお金落ち向けのカード、高収入向けのカード、高属性向けのカードなどは審査基準が厳しいとされております。

クレジットカードのポイント還元率について

先ほども書きました通り日本には数えきれない程の種類のクレジットカードがあります。

そして、これらのクレジットカードはそれぞれポイント還元率が異なります。

ポイント還元率が高いカードもあれば還元率が低いカードもある。

中にはポイントすら付かないクレジットカードもあります。

クレジットカードを申込む多くの人はポイント還元率の高いカードを欲する傾向があります。

ポイント還元率が高いカードの方がお得であるし、節約効果が高いからです。

日本では一般的に庶民的なクレジットカード、年会費無料のカード、低属性向けのカードほどポイント還元率が高い傾向があります。

ポイント還元率が高いカードの方が節約効果が優れていて庶民向けだからです。

逆にステイタスカードとか高所得者向け、高属性向けのクレジットカードほどポイント還元率が乏しい傾向があります。

これらの高属性向けカードはポイント還元率よりも付帯サービスの方に力を入れているからです(カスタマーサービスや旅行保険、空港ラウンジなど)

一番理想的なクレジットカードは「ポイント還元率が高くて尚且つ付帯サービスが優れたカード」ですね。

クレジットカードの中にはこういったお得なカードも中にはありますのでお得に使いたい人にはオススメです。

どんなクレジットカードを選ぶべきか??

これは一概には言えませんが私の同じ一般庶民の方は審査基準が甘いクレジットカードを選ぶのが良いでしょう。

その方がクレジットカードを取得できる確率が高いからです。

先ほども書きましたが日本では審査基準が甘い庶民向けのクレジットカードは概ねポイント還元率も高い傾向が多いです。

例をあげると楽天カード、リクルートカード、オリコカード、REX CARD、漢方スタイルクラブカードなどがそれに当たります。

逆にアメックスカード、ダイナースクラブカードなどの審査基準が厳しいステイタスカードはポイント還元率が悪く、審査通過率も庶民向けのカードに比べて難しいです。

よほど属性の高い人ならばアメックスやダイナース、その他のゴールドカードなどのステイタスカードを選ぶのも良いでしょう。

審査基準が厳しめのステイタスカードはポイント還元率はそれほど良くありませんが付帯サービスが非常に優れております。

「専用デスク」、「空港から手荷物宅配サービス」、「空港ラウンジ無料利用サービス」、「国内・海外旅行保険」などいざと言う時に役立つ豪華サービスが盛りだくさんです。

ポイントで選ぶか、付帯サービスで選ぶか、審査基準の甘さで選ぶかは人それぞれでしょう。

フリーター、低所得者、学生、主婦、などの庶民の方は純粋に審査が甘くてポイント還元率が高い提携クレジットカードを選ぶのが良いです。

一方で高所得者、エリートサラリーマン、エリートビジネスマン、会社経営者、医師や弁護士などの専門職など属性の高い人、セレブの人は審査基準が厳しいステイタスカードやゴールドカード、プラチナカード、プロパーカードなどを選ぶのが良いかもしれません。

まぁ、最終的にクレジットカードは自分好みの好きなカードを選ぶのが一番なんですけどね(*´ω`)