多重申込み(申し込みブラックリスト)とは?審査に不利な理由とは

クレジットカードでいう多重申込みとは?

そして申し込みブラックリストとは?

一般的にローンやクレジットの世界ではブラックリストと言う言葉はよく聞きますよね?

過去に自己破産や債務整理などをしてローン、クレジットカードの借金をチャラにしたり、減額したりすることでブラックリストになります。(個人信用情報機関に事故情報として履歴が残る)

またローンやクレジットカードの支払いを何か月も延滞してしまったりすると、これまたブラックリストになります。

つまりローン会社やクレジットカード会社に迷惑をかけるとブラックリストになります。

一度ブラックリストになると新規のローンやクレジットカードの審査や契約は難しくなります。

これと同じように多重申込み(申し込みブラックリスト)も上述のブラックリストと同じくらいに審査・契約が不利になります。

さて、この多重申込み(申し込みブラックリスト)とは一体どんなものか?

『多重申込みとは短期間に多くのローンやクレジットカードに申込込みまくる行為』をいいます。

この行為はクレジットカード会社やローン会社にかなり警戒されます。

なぜなら、短期間に多くのローンやクレジットに申込みまくるのは夜逃げをする人の行動パターンに似ているからです。

ローンやクレジットカードで一気にお金を借りまくって(または全てのクレジットカードのショッピング枠を全額使いまくって)夜逃げする・・・。

そういう事をする人が過去に多かったのでしょう。

また短期間に多くのローンやクレジットカードに申込まくる人は一般的に「お金に困っている超低属性の人」と判断もされます。

だからローン業界でもクレジットカード業界でも多重申込みをする人は申し込みブラックリストと呼ばれて敬遠されます。

多重申込み者は申し込みブラックリストと呼ばれて審査も不利となります。

ちなみにクレジットカードやローンの申し込み履歴は個人信用情報センターにしっかり履歴として残ってしまいます。

だからクレジットカード会社やローン会社は誰が多重申込みをしているのかをすぐに把握することが可能です。

多重申込みを消す方法

多重申込みでも審査に通りやすいクレジットカードの一覧