2
「ビックカメラSuicaカード」は家電量販店のビックカメラでビックポイントが10%還元のSuica一体型ビュー・カードです。

Suicaオートチャージ機能やモバイルSuicaの利用も可能。

ビックポイントとビューサンクスポイントの2重取りが可能で、とにかくポイントが貯まります。

「Suica定期券機能がないので、定期は別に持ちたいけどSuicaは必要。ビックカメラで買い物することがある」

という方にピッタリです。

SuicaなどのIC乗車券が日本全国の主要都市でりようできるので、東京近郊ではない人からも人気が高まっています。


(取得しやすいカードの耳寄り情報)
マイルも貯められる最強Suica付きクレジットカードはコチラ

ビックカメラSuicaカードの年会費は?

ビックカメラSuicaカードの年会費は初年度無料。

2年目以降は477(税別)ですが、年1回でもカードの利用があれば無料になります。

Suicaチャージなど年に1回はするでしょうから、実質年会費は無料のようなもんです!

Suica一体型なので家族カードの発行はありません。

ETCカードは年会費が477円(税抜)かかるので、他のクレジットカードがあるなら、年会費無料のETCカードを申し込んだ方が良いかも…

ETCカードに関しては無料条件がありません。

ビックカメラSuicaカードの締め日・引き落とし日は?限度額は?

ビックカメラSuicaカードの締め日は毎月末日。

引き落とし日は翌々月4日です。

限度額は15万円~40万円と低いので、大型家電とか買っちゃったらもうカツカツですね…

毎月コツコツとCD・DVDとかゲームソフトとか買ってたら枠が上がるかもしれません。

最初から高額な家電を狙うのは厳しいですかね…

最近はテレビも5万円くらいで買えるし大丈夫か!

スポンサードリンク



ビックカメラSuicaカードのポイント・ポイント還元率は?

ビックカメラのビックポイントとビューカードのビューサンクスポイントの2重取りができるビックカメラSuicaカード。

かなりポイントが貯まるクレジットカードとして人気があります。

VISA加盟店/JCB加盟店
ビューサンクスポイント
1,000円=2ポイント
ビックポイント
1,000円=5ポイント
ビックカメラ
ビックポイント
1,000円=10ポイント
Suicaチャージ・定期券購入などVIEWプラス対象商品
ビューサンクスポイント
1,000円=6ポイント

通常のショッピングで2つのポイントが貯まるというのはレアです。

そしてビックカメラでの買い物なら10%還元!

SuicaチャージでもポイントUPがあるので、コツコツ貯められます。

ビックカメラではSuicaで支払いも可能でポイント10%付与が受けられます。

チャージしてSuicaで支払いをして、貯めたポイントでSuicaにチャージ…

無限ループとまではいきませんが、かなり使える技です!!

⇒ビックポイントを使う
貯めたビックポイントは1ポイント=1円としてビックカメラでの買い物に充当できます。

1,500ポイント=1,000円分としてSuicaチャージにも利用可能

ビックカメラでの買い物は還元率が高いので、ビックポイントを充当しちゃうのはもったいない?

1,000円以下の端数だけポイント使うとかね?
⇒ビューサンクスポイントを使う
ビューサンクスポイントはSuicaチャージに利用できます。

400ポイント⇒1,000円相当
1,200ポイント⇒3,000円相当
2,000ポイント⇒5,000円相当
4,000ポイント⇒ 10,000円相当

SuicaペンギングッズやJR東日本オリジナルグッズもあるので鉄道オタクにも嬉しい♪

400ポイント⇒ビックポイント1,000ポイントに交換することも可能です。

その他アイテムやギフトカードへの交換が可能ですが、JALマイル・ANAマイルへの移行はできません。

やっぱりSuicaは使える!

⇒オートチャージ
ビックカメラSuicaカードならSuicaのオートチャージが可能です。

JRの駅にあるATM「VIEW ALTTE」(ビューアルッテ)で設定すると、自動的にチャージができるようになります。

私もオートチャージを利用していますが、とっても便利。

設定も難しくないので、すぐです♪「VIEW ALTTE」は大きい駅に行けば改札の近くにあるはず!

⇒モバイルSuicaが無料
ビューカードを持っていない人はモバイルSuicaを利用するときに年会費1030円(税込)が必要です。

しかし!クレジット情報にビックカメラSuicaカードを設定するとモバイルSuicaの年会費が無料

「年会費当面無料」と公式で言われているので、今のところは…ってことでしょうか?

むしろみんな無料で良いんじゃないか…と思うんですが…

ビックカメラSuicaカードには定期券機能が付いていませんが、モバイルSuicaは定期券機能があります。

モバイルSuicaならオートチャージも定期券も利用可能!

⇒全国で使えるSuica!
首都圏の人はSuicaを利用していると思いますが、関西とか九州と北海道の人はSuicaではないIC乗車券を利用しています。

Suicaの利用可能エリアが拡大して日本全国で利用可能になったので、出張が多い人とかは便利ですよね!

ただエリア内の移動は可能ですが、エリアをまたがっての利用はできないそうです。

SuicaとPASMOは首都圏のエリアなので問題ありませんが、

Suicaで改札に入って、大阪まで行っちゃうとICOCAのエリアになってしまうので改札から出られなくなるようです。

新幹線に乗ってなくても切符が必要ですって!

ICOCAのエリア内だけならSuicaの利用が可能。

私がドギマギしたのは札幌のコンビニに行ったときに「Suicaで」って言っても良いのか…ってこと。

支払いはできるんだろうけどSuicaなのに「Kitacaで」って言った方が良いのかな…ってドギマギしました。

結局、なんて言ったのかは忘れましたが…

とにかく全国の主要な都市で利用できるので、首都圏に住んでいる人じゃなくてもビックカメラSuicaカードは便利です!

ビックカメラSuicaカードの審査基準は?

ビックカメラSuicaカードの審査基準は甘いと思います。

審査合格率は約80%

専業主婦学生さんも取得できます。

実質年会費が無料ですし、限度額も低いカードですから審査は厳しくありません。

Suica定期券としての利用ができないので、毎日電車に乗るわけではない専業主婦の方からも人気が高いです。

通常は審査期間が1週間くらいかかり、カード到着までは2週間ほどかかりますが、

大きいビックカメラの店舗では即日発行が可能です。

店舗が限られますが、池袋・新宿・渋谷、横浜、大宮、札幌、新潟、名古屋などの大きい駅にある店舗だと即日発行が可能です。

ビックカメラSuicaカードの口コミ・評判は?

〈メリット〉
・ビックポイントをSuicaにチャージして電子マネーとして現金化が可能!

・ビックでよくお買い物をする人にはかなりお勧めの一枚

・モバイルSuica会員としてJR東海「エクスプレス予約」に入会できる

・海外旅行保険が自動付帯、国内旅行保険も利用付帯

・首都圏在住で、電車での移動が多い方には、必須

〈デメリット〉
・家族カードを作れない

・キャッシングの利用ができない

・ビックポイントからSuicaポイントに交換できるが、手続きが面倒

→→→Suicaが使えるクレジットカードなら…←←←