クレジットカードでお金を借りたいあなたに

通常、クレジットカードはショッピング枠で買い物をするのが主流です。

従ってクレジットカードのキャッシング枠を使ってお金を借りる人はそれほど多くは無いでしょう。

・・・・と言いたいところですが、、意外にクレジットカードのキャッシング枠を使ってお金を借りている人が多いのです。

実際にクレジットカード会社の収益の多くはキャッシングの金利収入によるものです、

2010年の総量規制の法律が施行されて「キャッシングは年収の3分の1以上借りれない」という規制が入ってからクレジットカード会社は収益面で大きな打撃を受けたそうです。

総量規制後にクレジットカードのポイント還元率や付帯サービスの改悪が相次いで起こりました。

これも法改正によってキャッシングの収益が激減したからです。

それだけ今までクレジットカードのキャッシングの利用者が多く、クレジットカード会社の収益に貢献していたのが伺えます。

クレジットカードのキャッシング枠は今も多くの人が利用しております。

あまり使っている人が明るみに出てこないのは皆、知人や家族にコッソリ借りているからです。

この点は消費者金融やカードローンと同じです。

この不景気で世知辛い世の中になってから、より一層キャッシングの需要は高まっていると思います。

あなたもキャッシングを使ってお金を借りたくてこのサイトに訪れたのかと思います。

当サイトではクレジットカードのキャッシング枠でこっそりとお金を借りたい人にお役に立てるような情報をシェア致します。

つまり審査の甘いクレジットカードキャッシングなどをご紹介します。

審査の甘いクレジットカード・キャッシングの一覧

以下のクレジットカードキャッシング枠は数あるカードの中で特に審査が通りやすく借りやすいキャッシングといえます。

スポンサードリンク



多少属性が低い人、クレヒスが無い人、クレヒスが悪い人、過去に事故歴がある人、多重債務者の人でも審査が通ったという口コミをよく聞くカードであります。

Aマスターカード

※消費者金融系。

もともとキャッシングサービスがメインでクレジットカード(ショッピング枠サービス)がオマケみたいなカード。

従ってキャッシングのサービスは充実しております。

即日融資(カード発行)も可能で審査基準も消費者金融寄りで独自審査で甘い。

Aマスターカードの詳細はこちらです☆

スポンサードリンク



セディナカードjiyuda!

※口コミでは激甘審査との報告も

キャッシングサービスは昔から人気で利用者も多い

ブラックリストでも借りれたという声もチラホラ・・

セディナカードiyuda!の詳細はこちらです☆

エポスカード

※いわゆる丸井カード

昔から審査が甘くキャッシングも充実していて利用者は多い

エポスカードの詳細はこちらです☆

楽天カード

※昔から審査が甘いクレジットカードとして有名。

ポイント還元、付帯サービスも年会費無料のクレカとしてはかなり良い方。

キャッシング枠も付帯が可能です。

楽天カードの詳細はこちらです☆

ライフカード

※ポイントサービスが業界では最も充実した人気カード。

ポイントサービス目当てで申し込む人も多いが、審査基準も優しくそちら目当てで申し込む人も多い。

キャッシング枠も付帯が可能です。

ライフカードの詳細はこちらです☆

P-ONE FLEXY(ポケットカード)

※P-ONE FLEXYを利用すると、請求時に1%OFFというお得なクレカ

キャッシング枠も付帯可能

P-ONE FLEXY(ポケットカード)の詳細はこちらです☆

イオンカード

※イオングループの店舗でお得なポイント

キャッシングも審査が甘く貸付条件も良い

イオンカードの詳細はこちらです☆

ENEOSカード

※ドライバー向けのお得なクレカ

ガソリン代が割引に

キャッシング枠も付帯が可能

審査は柔軟な方です。

ENEOSカードの詳細はこちらです☆

ファミマTカード

※ファミリーマートで使うとポイントが数倍お得になる

審査は緩いと評判でキャッシング枠も付帯可能

フリーターでも審査に通ります

ファミマTカードの詳細はこちらです☆

クレジットカード・キャッシングについて


クレジットカードキャッシングとは、クレジットカードでお金を借りる事をいいます。

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠の2つの枠があります。

通常、クレジットカードはショッピング枠を使っての買い物がメインでキャッシング枠はあまり目立ちません。

だから「キャッシング枠なんて使ってお金を借りる人なんているの?」と疑問に感じる人もいるでしょう。

しかし、実際はキャッシング枠を使ってお金を借りる人って結構多いのですね。

クレジットカード会社もショッピング枠よりもキャッシング枠の収益の方が多いと聞いたことがあります。

そう・・・・クレジットカードのキャッシング枠は隠れた需要があり、実際は多くの人が使っているのです。

キャッシング枠があまり目立たないのは、皆さん内緒でこっそりお金を借りているからです。

クレジットカードのキャッシング枠は、コンビニや銀行のATMで好きな時にいつでもカードでお金が借りれるので消費者金融以上にユーザーが多く依存している人も多いのです。

クレジットカード・キャッシング5つのメリット

クレジットカードのキャッシング枠にもメリットがいくつもあります。

顧客が実際に利用して(借りて)非常に「ありがた~~い」と思うであろうメリットを5つ取り上げてみますね。

⇒カード1枚で近くのコンビニATMや銀行ATMでいつでも借りれる

⇒金利が15%~18%と以前に比べて安くなった(昔は29%位だった)

⇒クレジットカードで借りれるので、キャッシングカード等不要(キャッシングしているのがバレにくい)

⇒返済は自分のペースで出来る(リボ払いやATM払いなど)

⇒消費者金融で借りるよりもイメージが良い、抵抗感も無く使える

クレジットカード・キャッシングのデメリット

いざという時に役立つクレジットカード・キャッシング枠もメリットばかりではありません。

時にはデメリットももたらします。

そのデメリットとは?

1)金利が割高

大半のクレジットカードキャッシング枠は金利が15%~18%とお世辞にも安くはありません。

結構高金利で返済する時の金利負担の比率が高かったりします。

2)希望通りの限度額借りれるとは限らない

クレジットカードのキャッシング枠で借りれる金額は初回は微々たるものです。

属性の高い人でも10万円~30万円位が多い。

沢山借りれても50万円までが限度でしょう。

50万円を超えるキャッシング枠を得る為にはある程度の利用実績が必要です。

3)総量規制に影響される

クレジットカードのキャッシング枠は消費者金融と同じ貸金法の法律に従います。

従って総量規制という貸金法の制限を受けるのがデメリットです。

総量規制とは年収の3分の1以上の融資がキャッシングできないというルールです。

4)依存しすぎて借金苦にハマる

キャッシングは使い慣れると癖になるのが難です。

癖になると当然ですが色々なカードに手を出して借金件数が増えてしまいます。

借金件数が増えてしまうと返済が苦しくなります。

ご利用は計画的に!

クレジットカードと消費者金融どちらがお得?

執筆中・・・

クレジットカードキャッシングの使い途の一覧